• HOME
  • 相続に関わる手続き

以下が当事務所で良く見られているページです

HOME

事務所紹介

サービス料金表

     

相談から解決までの流れ

相談事例

当事務所が選ばれる理由


相続に関わる手続き

ここでは、不動産や預貯金など、相続財産の名義変更に関わる手続きに関してご説明いたします。

実際の手続きの際にも、是非ご活用ください。

 

相続登記が必要な理由

 

相続登記とは、相続財産である土地や建物の名義を変更する手続きです。
この手続きを怠たると、その土地や財産の所有権を主張することができません。

つまり法律的に、自分の所有物とは認められない
のです。


詳しくは、相続登記が必要な理由をご覧ください。

 

 

不動産の名義変更(相続登記)

不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく、また、承継方法を間違えると、税金などの面でも大きな損をしやすいものです。

正しい承継手続きを踏んで、大切な資産を守ってください。


詳しくは、不動産の名義変更(相続登記)をご覧ください。


生命保険金の請求

生命保険金の請求は、誰が受取人に指定されているかによって、手続きにいろいろなケースがあります。

また、請求にはさまざまな書類が必要になります。


詳しくは、生命保険金の請求をご覧ください。


預貯金の名義変更

これはよく知られていることですが、お亡くなりになられた方が生前に保有していた銀行等の口座は、死亡により凍結、つまり入出金が出来ない状態になります。

この凍結を解除し、金融機関に預貯金の払い戻しをさせるためには、いくつかの方法があります。


詳しくは、預貯金の名義変更をご覧ください。


株式の名義変更

株式も、不動産と同じように名義変更をする必要があります。

上場している株式か、非上場の株式かによって手続きが異なりますので、注意が必要です。


詳しくは、株式の名義変更をご覧ください。


遺族年金の受給

遺族年金は、残されたご家族にとって大切な生活資金です。

くれぐれも“もらい忘れ”がないようにしましょう。


詳しくは、遺族年金の受給をご覧ください。


相続に関わる手続きに関して詳しくはこちら

_MG_6645.JPGのサムネール画像  


ImgTop5.jpg

     

HOME

事務所紹介

サービス料金表

     

相談から解決までの流れ

相談事例

当事務所が選ばれる理由